医師やナースの制服というと一昔前までは白衣でした。現在でも丈の長い白衣を着たドクターや研究者を見かけますが白衣は意外に不衛生なところがあり、ボタンが引っかかって事故になる可能性もないとは言えません。

最近では白衣を着るお仕事が増えて来ています。 前は白衣といえばお医者さんや看護師さんのイメージでした。 ですが、どんどん白衣は普及していき今では眼科、歯医者、薬局などに増えています。

看護師が着用する白衣は、インターネット通販を通じての購入が便利です。近年、多くのインターネット通販サイトで、看護師用の白衣が販売されています。白衣は総合や小児科といった病院別でも取り扱いがあります。

デザインの変化

女性の医療業界進出ということに伴って現場で着用されるスクラブにも新たな要素が求められるようになってきています。 まず、そのファッション性です。色や形も様々で、デザインも豊富になってきています。従来の寒色系の地味なものから、ピンクやライムグリーンなどの明るい色や、好みの刺繍を施すことのできるものなどおしゃれなものがたくさんあります。 そしてファンデーションが付かないように、単純にかぶって着るタイプではなく、首の部分にホックがつき大きく開くもの、羽織ることができるものなど女性に向けた配慮がなされたつくりになっている商品もたくさんあります。

また素材もいろいろ進化しています。医療現場は体の動きが激しいので動きやすさが求められますが、ストレッチ性があるものもいろいろあります。 また長時間の勤務が多く体に負担がかかる医療現場では、夏や冬の温度変化も体の疲れに大きく影響します。暑いときは涼しく、寒い時は暖かくおんどを調整することができる機能性をもったものもあるようです。 スクラブに用いられる素材もいまでまどんどん進化していっています。体にあって使用しやすいスクラブを着用して治療にあたると患者さんに対するサービスも向上しより高いレベルの治療を施術することが可能になります。 また明るい色のスクラブを着用することで、病院の雰囲気も明るくなり、チームワークもうまくいくことでしょう。